スーパーカブC125には
標準でシート下に
ヘルメットが二つ掛けられる
ヘルメットホルダーが
備え付けられています。

しかしなぜか
アフターパーツメーカーから
後付けのヘルメットホルダーが
何種類か発売されています。

ヘルメットホルダーは
3つも必要ないでしょうから
どういう時に必要になるか
わかりませんでした。

 

フルフェイスヘルメットは後付けのホルダーが必要

少し寒くなって
その答えが見つかりました。

私はヘルメットが入る
リアボックスを装着していたので
気付くのが遅かったのですが
実はノーマルの
ヘルメットホルダーだと
フルフェイスヘルメットが
引っ掛けられないのです。
※ヘルメットの種類にもよります。

 

キジマ ヘルメットロック取付

そんなわけでヘルメットホルダーを
追加装備します。

私が選んだのはキジマ製のもの

Amazonで見る

 

開封してみると
本体と取付用ボルト
クッションテープ、鍵、
説明書などが入っています。

 

取付にかかる前に
ヘルメットホルダー部分と
ステーの部分がユルユルだったので
増し締めしておきます。

 

シートを開いて後方にある
8mm頭のボルトを外します。

キジマのヘルメットロックは
マフラーと反対側に
取り付けるようになっています。

これなら
アップタイプのマフラーを
装着していても
問題なさそうですね。

 

次にクッションテープを貼ります。

テープ貼り付け部分は
よく脱脂しておきましょう。

 

先ほどのボルトを抜いたあとに
付属のスペーサーを入れます。

 

ヘルメットロック本体を
付属のボルトで固定します。

これで完成です。
簡単ですね。

 

バッチリ!
フルフェイスヘルメットも
引っ掛けることができました。

 

取付後に注意してほしいのは
カギの抜き忘れです。
(私は何回かやっちゃいましたw)

スーパーカブC125は
キーレスエントリーなので
下の写真の状態でも
エンジン始動できて走れちゃいます。

走行中に抜け落ちたりすると
面倒なことになります。

 

キジマのヘルメットロックは
見た目もコンパクトで
スーパーカブC125の
外観を崩さないので
おすすめです。