スーパーカブC125は
これまでのカブと違って
フロントディスクブレーキ
アルミキャストホイール
過去最大の排気量と
走りを予感させる部分があります。

街中では非常に
コントロールしやすい
スーパーカブC125ですが
峠道やバイパスを走ると
どんな感じなのでしょう?

 

峠では高い操舵性と安定感

実は慣らし運転の時から
信号が少なく
短時間で距離を稼げることから
峠道は走っていました。

しかし、
回転数を5000rpmで
抑えて走ると
上り坂では力不足で、
失速する有様でした。

ただ街中も含めて
慣らし中から
回転数を上げれば
結構スポーティに
走れるのではないか?
という予感はしていました。

その予感はばっちり的中で、
程よい硬さのサスペンションが
峠道には相性ばっちりです。

ステアリングも素直で
思った通りのラインを
選んで走れます。

しかもコーナーリング中の
安定感は抜群で
不安は感じませんでした。

エンジンが非力な125cc
という点を差し引いたとしても
非常に楽しく、安心感のある
走りです。

上り坂は
グイグイ上がっていく
感じではなく
4速ではところどころ
失速するシーンがありましたが、
シフトダウンしてやれば
しっかりと加速でき
車の流れにのる程度の
スピードは十分に出ます。

ブレーキの効きも
しっかりしており
熱ダレを感じる様なことは
ありませんでした。

ステップやセンタースタンド
マフラーなんかも擦ることなく、
バンク角はなかなか
深いのではないかと思います。

 

バイパスでも余裕の走り

奈良県
南阪奈道路の先を走る
大和高田バイパスは
原付でも走行可能な
高架道路です。

しかしながら
車の流れは速く
煽られたりしないものか
少々不安です。

 

しかし実際に走ってみると
走行車線であれば
前を走る車に難なく
ついて行くことができ、
以前皆様からアドバイスを元に
できるだけ道の真ん中を
走行することによって
今回は煽られるようなことも
ありませんでした。

 

もちろん慣らしを終えた今では
しっかり加速して
追い越す余裕もあります。

 

これなら
ちょっとしたツーリングにも
出掛けられそうです。

燃費はブン回すので60km/L弱。
本来の燃費と比べると悪めですが
フューエルメーターが点滅するまでは
150~160km。
すっからかん覚悟で走ったとしても
200kmは走れるのでは
ないでしょうか。

 

 

けれど加速はもう少しほしい

今のところ少し不満なのが
停止状態からの加速。

同じ125ccクラスの
スクーターと比べてみても
もう少し
スムーズに加速したいです。

スクーターなら
クラッチススプリングを
強化してクラッチミートの
回転数を上げるところですが
カブの遠心クラッチには
そういったカスタムパーツは
無いようです。

となると、
マフラー交換か
排気量アップか・・・

今後検討します。

以上、皆さんよければ
参考にしてみてください。