慣らし運転が
ボチボチ終了するかな~
と思っていたところ
同時期にスーパーカブC125を購入した
友人から慣らし運転完了の
知らせが入りました。

どうやら先を越されたようです。

しかしならし完了後、
さっそくアクセルを全開にすると
クラッチが滑るとのとこと。

あー、ウワサには聞いていた
アレですね。

 

スーパーカブC125はクラッチが滑る?

購入前から収集している情報の中に
カブC125はクラッチが滑る
という症状が多くありました。

3速4速で加速するときに
よく発生するようです。

この症状はどうやら
クラッチアジャスターが
ちゃんと調整されておらず
シフトチェンジ後も
半クラのまま走っているような
状態のようです。

友人にもこの情報を伝え
購入店で調整してもらうように
勧めましたが、
中には新車の時点で
アジャスター調整が正しくない。
という話もありましたので
自分のカブC125も気になって
調整してみることにしました。

 

スーパーカブC125のクラッチ調整方法

パーツリストで確認して
調整ボルトの位置を断定。

 

調整方法は調べてみた結果
基本的にカブ90から110まで
変わっていないようだったので
同じ要領でやってみます。

マネする人は自己責任で
お願いします。

まずはマジックやビニールテープで
アジャスターボルトの
切り欠きの位置をマーキングします。

 

アジャスターボルトの
ロックナットを緩めます。

 

マーキングを目印に
アジャスターボルトを
マイナスドライバーで
時計回りに1回転させます。

 

今度は軽い力で
ボルトが回らなくなるまで
反時計回りに回します。

 

とまったところから
時計回りに1/8回転(45°)
戻します。

 

最後に緩めたロックナットを
12N・m(1.2kgf・m)で
締め付けます。

ある程度ロックナットを締めておいて
アジャストボルトの位置が
動かないように注意しましょう。

 

マーキングと比べると
かなり動いていますね。

 

 

慣らし完了後テスト

慣らし運転の完了まで
もう少しだったので
クラッチ調整後、
そのまま走って慣らし運転を
終わらせました。

かなり調整が動いていましたが
ここまでで
クラッチに異常は感じません。

 

慣らし運転完了後
オイル交換をして
加速テストをしてみましたが
3速、4足の加速でも問題なく
バッチリ加速してくれました。

その後友人にも確認をとると
やはりクラッチアジャスター調整で
クラッチの滑りは
なくなったそうです。

やはりカブC125の新車出荷状態は
みんなクラッチ調整が
できていないのだろうか?
だとしたら、なんの為だろう?