今回はスーパーカブC125の
レッグガードと
カウルを取り外し、分解して
電気系パーツの取り付け準備と
ウィルズウィンの
ハイパーバルブを
装着したいと思います。

 

レッグガード取り外し

まずはレッグガードから
取り外していきます。

メッキのカバーは
ビス止めされています。

 

ビスは1本外して
手前にひけば
簡単に取れます。

 

下のカバーは
真ん中のビスを外せば
取れますが、
爪が多く硬いです。

傷がつかないように
注意しましょう。

 

メインスイッチの周りが
複雑に重なっています。

ココも細いので折らないように
注意が必要です。

 

サイドのボルトを
外します。

 

ウーム
カウルの精度があまい?

 

下側にもあります。

 

リアカバーとの
連結部分も外しましょう。

 

バッテリーカバーは
ボルト1本で残りはツメです。
上部を引いて外しますが
ツメを折らないようにしましょう。

 

側部もリアカバーのツメが
上からかかっています。

 

傷がつかないように
養生テープで保護しました。

 

カバー裏、ハンドル根本にある
クリップも忘れず外しましょう。

真ん中をドライバーや
六角レンチなど細いもので
押し込めば外れます。

 

ハンドル下も当たるので
養生テープ

 

左右に開くようにして
ゆっくり外します。

 

ハイパーバルブ取付

ウィルズウィンの
ハイパーバルブは
ブローバイパイプから
エンジンピストン上昇時に
クランク内に空気を
送り込まないようにするための
ワンウェイバルブです。

ウィルズウィンの
ホームページには汎用品として
ワンウェイバルブ単品しか
紹介されていませんでしたが
ヤフオクではC125用として
ホース付きのものが
売られていました。

グロム用と一緒かな?

エンジンブレーキの軽減や
ブローバイガス排出効率化、
燃費の向上になるそうです。

 

詳しい原理は
ウェビックの記事にありました。

 

取り付けは簡単。
セルモーターの近くから
エアクリーナーへと出ている
ブリーザーホースを切断して
ハイパーバルブを割り込ませます。

 

ホースを抜いて
位置決めをします。

 

耐熱チューブをめくって
切断しました。

 

完成です。
汎用タイプのワンウェイバルブを
取り付ける場合は
向きに注意しましょう。

取付けた感想は
確かにエンジンブレーキが
軽減されていると体感できます。

燃費はまだ計測していませんが
エンジンブレーキが軽減されれば
当然期待できると思います。

 

 

 

フロントカバー取り外し

ハイパーバルブの
取り付けだけなら

レッグガードだけ外せばOKですが
ついでにフロント周りも分解し
電装カスタムに備えます。

まずメッキカバーを外します。
ツメでとまっているだけで
引っ張れば外れますが硬いので
内装剥がしに布をかまして
外しました。

 

出てきたビスとクリップを
外します。

 

ハンドル近くのビス

 

フェンダー部分のボルト

 

反対側はホースクランプステーと
共締めになっています。
ホースクランプのボルトは
外す必要ありません。

 

フロントカバーとフェンダーは
ツメでとまっています。

裏から見ると
こんな感じ。

 

前方のツメを
慎重かつ力強く引っ張ります。

前のツメが外れれば
後ろは簡単に取れます。

 

カバー左側の裏には
配線がクリップでとめてあります
引っ張れば外れます。

 

クリップの形状はこんなカンジ

戻すときに忘れないように。

 

ヘッドライト周り取り外し

次にヘッドライト周りです。

メーター下のビス

 

ウィンカー下のビス
サイドのボルトを外します。

 

ヘッドライト下にも
ビスがあります。

 

ヘッドライト下のカウルは
ビス1本とツメでとまっています。

 

ライトベゼル(メッキ部分)も
ツメでとまっているだけですが
硬すぎたので
ヘッドライトを養生して
カウルごと外しました。

 

ここでまっすぐ
ベゼルを抜きました。

 

メーターを取り外していないので
メーター裏の配線コネクターを
抜かないとカバーが外せません。

 

コネクターは
ツメを押し込んで外します。

 

メーターごと外します

 

下側のカバーは
アクセルワイヤーを
外さないとダメそうなので
今回はパスしました。

 

ハンドル下カバーを外す場合は
ヘッドライト横にも
クリップがありました。

 

無事にツメを折ることもなく
傷が入ることもなく
分解完了です。

 

次は電装カスタムしていきます。